しずおか文化のページ伊豆文学フェスティバル→伊豆文学塾

伊豆文学塾

 静岡県にゆかりの著名人をお迎えして「しずおかの文化」を探求する「伊豆文学塾」。
 今回は、井上靖に文学への目を開かせ、若山牧水が愛した沼津で開催します。
 第1部は、審査委員の方々とともにお祝いする「第10回伊豆文学賞」表彰式、第2部では、『悪党芭蕉』で第34回泉鏡花文学賞を受賞された嵐山光三郎さんを講師にお迎えして文学講演を行います。
 1年の大半、国内外を旅しながらも、親しみやすいエッセイから克明な調査に基づく評論まで幅広く執筆活動をされる嵐山さん。そのバイタリティ溢れる嵐山さんの講演をぜひお楽しみください。
日  時 平成19年2月17日(土)午後2時から4時
会  場 沼津市民文化センター 小ホール
沼津駅南口よりバス6〜7分又は徒歩15分
内  容 (1)第10回伊豆文学賞表彰式
(2)嵐山光三郎氏 文学講演
「川端康成の文学を読む」
*手話通訳あり
参加費 無料(ただし、整理券が必要)
定  員 500名(先着順)
申込み ハガキ、FAX、Eメールに
(1)氏名(2)住所(3)電話番号(4)年齢 
(5)Eメールアドレス(お持ちの場合)
*同伴者がいる場合は全員分をご記入ください。
*申し込み用紙あり FAXでお申込みの方は、こちらを御利用ください。
主 催 伊豆文学フェスティバル実行委員会 静岡県教育委員会 静岡県
申込先・問合せ先
〒420-8601
静岡市葵区追手町9−6
静岡県教育委員会文化課「伊豆文学塾」係
TEL 054-221-3109
FAX 054-250-2784
Email: shizuoka@po.sphere.ne.jp
http://www1.sphere.ne.jp/shizuoka
嵐山(あらしやま) 光三郎(こうざぶろう)
1942年浜松市生まれ。作家。平凡社にて雑誌「太陽」編集長を経て独立。執筆活動に入る。
1988年『素人庖丁記』により第4回講談社エッセイ賞受賞。2000年『芭蕉の誘惑』により第9回JTB紀行文学大賞受賞。著書に『追悼の達人』『文人悪食』(新潮文庫)『温泉旅行記』(ちくま文庫)『ローカル線温泉旅』(講談社現代新書)『美妙、消えた。』(朝日新聞社)『ローカル線おいしい旅』(講談社現代新書)『芭蕉紀行』(新潮文庫)『日本百名町』(光文社知恵の森文庫)『古本買い十八番勝負』(集英社新書)『新御馳走帖』(河出書房新社)『日本詣で』(集英社文庫)『寿司問答 江戸前の真髄』(ちくま文庫)『文人暴食』(新潮文庫)。近著に『よろしく』(集英社)『昭和出版残侠伝』(筑摩書房)『奥の細道温泉紀行』(小学館文庫)。2006年4月に刊行された『悪党芭蕉』は第34回泉鏡花文学賞に輝いた。

申し込み書

しずおか文化のページ伊豆文学フェスティバル→伊豆文学塾