しずおか文化のページ伊豆文学賞→第8回開催結果
伊豆文学フェスティバル
| TOPに戻る |
第8回伊豆文学賞受賞作品決定!

伊豆文学フェスティバルを題材にした文学作品を公募した第8回伊豆文学賞の審査会
が1月12日(水)に行われ、受賞作品が次のとおり決定しました。
最優秀賞
萩 真沙子

月ヶ瀬



萩 真沙子
東京都文京区
優秀賞
志賀幸一

曲師


志賀幸一
静岡県浜松市
優秀賞
鎌田雪里

ヴォーリズの
石畳

鎌田雪里
埼玉県所沢市
佳 作
杜村真理子

母子草


杜村真理子
東京都中野区
佳 作
川崎正敏

埴輪の指跡


正敏
静岡県静岡市
特別賞
伊藤正則

若山牧水の
山ざくらの歌と酒


伊藤正則
静岡県磐田市


◆ 最優秀賞受賞者プロフィール・伊豆文学賞、伊豆への思い
  東京都在住、59才、お茶の水女子大学及び東京芸術大学卒。自宅にて音楽指導の後、多目的会場を
運営する会社を設立し、取締役を務める。ポプラ社より『9歳のきみが家族を変えた』を上梓。子供の頃
伊豆で育ち、現在も停年後の両親と兄夫婦が伊豆で暮らしている。年とともに伊豆がますます好きになる。
伊豆を題材にした作品を書きたかった。応募は3回目。審査委員の先生が魅力
◆ 受賞のコメント
  ・大変うれしいです。審査委員の先生方に感謝します。
◆ 審査委員コメント
  【応募作品について】
・ 伊豆を舞台にした様々なアングルの作品が集まった。
・ 地に足がついた、人生の重みを感じる作品が多かった。
【最優秀賞受賞について】
・ 人間の生きた時間、人生が最もよく描けている。
◆ 審査委員
  杉本苑子 (第48回直木賞受賞)  平成14年度文化勲章受章
三木 卓 (第69回芥川賞受賞)
  村松友 (第87回直木賞受賞)
◆
  最優秀賞 賞金 100万円 、「伊豆半島滞在券」
  優秀賞 賞金 20万円 、記念品
  佳 作 賞金 5万円 、記念品
◆ 表彰式
  審査委員 村松友氏による文学講演会を同時開催
  期   日 平成17年3月5日(土)
会   場 三島市民文化会館 ゆうゆうホール(小ホール)
  内   容 村松友氏文学講演会  14:00〜15:00
表彰式 15:15〜15:45
◆ 募集結果
  募集期間  平成16年4月8日〜10月11日
  応募総数 249件(前回より13件減)
  部門別件数 小説209件、随筆28件、紀行文12件
10代 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代 90代 不詳
16 41 39 52 55 30
居住地別件数
静岡県 東京都 神奈川県 愛知県 埼玉県 その他府県 海外
98 39 39 50

入賞作品のあらすじ  ←クリックすると「あらすじ」ページを表示できます。

審査委員選評       ←クリックすると「選評」ページを表示できます。

【作品】 ※作品の一部を掲載しています。  作品名をクリックするとページを表示できます。

<最終審査会(平成17年1月12日)の風景>

第8回伊豆文学賞審査風景




第8回伊豆文学賞表彰式

第8回伊豆文学賞表彰式

●期日/平成17年3月5日(日)
●会場/三島市民文化会館ゆうゆうホール(小ホール)
●内容/村松友氏文学講演会 14:00〜15:00
      表彰式 15:15〜15:45

作 品 名 作 者 居 住 地
最優秀賞 (小説)月ヶ瀬 萩 真沙子 東京都文京区
優 秀 賞 (小説)曲 師 志賀 幸一 静岡県浜松市
優 秀 賞 (小説)ヴォーリズ野の石畳 鎌田 雪里 埼玉県所沢市
佳  作 (小説)母子草 杜村眞理子 東京都中野区
佳  作 (小説)埴輪の指跡  正敏 静岡県静岡市
特別賞 (紀行文)若山牧水の山ざくらと歌と酒 伊藤 正則 静岡県磐田市

<伊豆文学塾/村松友氏文学講演の風景>
演題「事実と小説のあいだ」

伊豆文学塾・村松友視氏公演「事実と小説のあいだ」

伊豆文学塾・村松友氏公演「事実と小説のあいだ」
満員の聴衆

満員の聴衆

<表彰式の風景>

三木 卓氏による審査委員講評

三木 卓氏による審査委員講評
三木 卓氏による審査委員講評

三木 卓氏による審査委員講評
鈴木善彦静岡県県教育長より表彰状の授与

鈴木善彦静岡県県教育長より表彰状の授与
受賞の言葉を述べる最優秀賞の萩 真沙子氏

受賞の言葉を述べる最優秀賞の萩 真沙子氏


第8回伊豆文学賞優秀作品集『月ヶ瀬』出版

入賞作品6編を収めた作品集が、3月11日より静岡県内の主要書店にて販売されています。

月ヶ瀬
  • (「月ヶ瀬」は)全体に地味な印象の作品だが、登場人物の人生と彼らが生きた時間がよく書けている。(杉本苑子)
  • 伊豆文学賞は今年も着実な歩みを見せている。最優秀作に選ばれた、萩真沙子さん「月ヶ瀬」には、そういうわたしをうなずかせるものがあった。(三木 卓)
  • 小説らしい小説が最優秀賞に選ばれた。「月ヶ瀬」は主人公に気持ちがかさねられる作品というのが第一の印象だ。(村松友
    ―審査委員選評より―



ご意見・ご要望をお聞かせください。info@izufes.net
しずおか文化のページ伊豆文学賞→第8回開催結果